Instagram分析のお勉強 グラフAPIの利用 4つの前提条件 ①Instagramプロアカウント登録・facebookページ連携・Facebook開発者アカウント登録・Facebookアプリ作成

instagram

Instagramの分析をしてみようと思い立ち、調べていった結果、グラフAPIというものが利用できそうです。
フォロワー数や投稿のインサイトデータ(閲覧数、保存数)を取得できることがわかりました。

参考)InstagramグラフAPI

利用開始方法はスタートガイドに載っています。
今回はまずスタートガイドに乗っている前提条件を登録していきます。
①Instagramプロアカウントの作成
②FacebookページとInstagramプロアカウントの連携
③Facebook開発者アカウントの登録
④Facebookアプリの登録(ベーシック設定からAppIDとAppSecretの取得)

登録(instagramプロアカウント/facebookページ紐づけ)

Instagramプロアカウント切り替え

Instagramのアカウント画面で「設定」→「プロアカウントに切り替える」に選択をします。

クリエイターとビジネスがあるようなので自分はクリエイターを選択しました。カテゴリーとしては個人ブログを選択しています。

facebookページ作成

facebookアカウント作成されていることが前提で右上のブロック型正方形のアイコンをクリックします。
「作成」という画面が出てくるので「ページ」をクリックしてみてください。
ページ名とカテゴリ名はなにかしら入力する必要があるので任意で入力してみてください。
ページを作成後はページ内の「設定」→「instagram」をクリックして先ほど作成したinstagramのアカウントとリンクさせます。
Instagramのログイン認証ページに飛び、ログイン完了後facebookページとinstaramアカウントが連携完了となります。

 

 

 

facebook開発者アカウント登録

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

上記手順で進めます。簡潔にすると下記の感じです。
https://developers.facebook.com/にアクセスする。(facebookアカウントログイン)
右上の「ログイン」や「利用開始する」などを選択する。
連絡先メールアドレスや電話番号を登録する。
職業を選択する。(任意で選べば大丈夫です)
上記手順にはないですが自分が登録したときはアプリIDを聞かれました。(任意の値でOK)

facebookアプリ設定

アプリ作成といってもいわゆるスマホのアプリを作成するわけではなく簡単な設定を行うだけです。
開発者アカウントの画面で「マイアプリ」を選択後、「アプリを作成」をクリックします。

アプリタイプはInstagramグラフAPIを利用するためなので「ビジネス」を選択してください。

表示名や連絡先メールアドレス、ビジネスアカウント(instagramのアカウントをプルダウンで選択)を入力してください。

「アプリを作成」をクリック時にfacebookアカウントのパスワードを聞かれます。

アプリのダッシュボードに飛ぶのでInstagramグラフAPIの「設定」を選択してください。

さらに「設定」→「ベーシック」を選択してください。

アプリIDとapp secretが表示されます。(表示を押したらapp secretも表示されます)

この2つの値がグラフAPIを利用するために必要なので控えておくようにしましょう。

まとめ

これで4つの事前準備が完了し、アプリIDとapp secretが入手できました。
次回はグラフAPIを利用するためのアクセストークンの取得をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました