最近耳にするキーワード調査「レジリエンス」回復力?

キーワード

レジリエンス

レジリエンスを最近IT記事かなんかででてきたのですがまったくわかりませんでした。
英単語もそもそもしらなかったのでレジスタンス?と勘違いしていたくらいです。
最近だとユニクロのCMにも出てきましたね。
とりあえず英辞郎 on the WEBで調べてみました。

〔病気・不幸・困難・苦境などからの〕回復力、立ち直る力、復活力

用途

物理学

弾力性、外部から力を加えられた物質が元の形状に戻るために跳ね返す力のこと

心理学

ストレスなどに対する対処能力のこと

今回記事で出て来た使い方:ストレスなど外部要因の影響から立ち直る力

ざっくり言うと外部からのストレスなどが来た時にその状態にうまく対処できることをレジリエンスというようです。
ストレスなどの外部要因がきたら抱え込んでしまうのはレジリエンスが低い、対処して困難な環境から立ち直っていく人はレジリエンスが高いということになりそうです。
類似用語でストレス耐性などがありますが、それはストレスが多い環境に耐えられるかだけが観点になっているのかなと感じました。

ストレス耐性が高い人はストレスが来てもそのキャパシティが大きかったり、そもそもストレスを感じにくかったりといったことろでしょうか。レジリエンスが高い人はストレスが高い環境を低い環境に改善していくことができる人という理解です。

確かに働き方改革やメンタルヘルスなどの文面で今後出てくる頻度が上がっていきそうなキーワードなので要チェックですね。

まとめ

今回はレジリエンスについてまとめました。
今後も新しく知ったキーワード調査していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
ちなみに調べてたら下記のようなコンペ見つけました。
「ウェルビーイングとレジリエンスを未来に実装するアイデアと技術」とのことです。
興味のある人は挑戦してみてはどうでしょうか?
レジリエンスについて深い理解をしたという人は教えて欲しいです。

WIRED COMMON GROUND CHALLENGE - コンテスト 公募 コンペ の[登竜門]
「WIRED COMMON GROUND CHALLENGE」は、ヒューマンスケールから地球規模まで、さまざまな社会課題に取り組む研究者、エンジニア、ビジネスパーソン、建築家、デザイナー、クリエイターなど分野を問わない人

コメント

タイトルとURLをコピーしました